2011年4月 – 3週目

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

2011年4月 – 3週目 への4件のフィードバック

  1. 横山正明 のコメント:

    今日の日経を読み、少しでも応援したくてサイトを開きました。私は過去に2回花見山へ行ったことがあります。個人所有の山で持ち主が自費で管理をしながらここまで育てられたとか!古川さん、よくぞ花見山を取り上げていただきました。御礼申し上げます。福島は原発問題で大変な被害を被っており、お見舞い申し上げます。近いうちに必ずそちらにお伺い致したいと思っております。それまで桜は待ってくれたらいいのに?どうぞ御身お大事になさって復興にご尽力ください。お祈り致します。
    兵庫県赤穂市より。横山正明

  2. 大波裕香 のコメント:

    横山正明様
    映像で見る花見山「花見山散歩」を担当しております大波と申します。
    コメントありがとうございました。
    福島は、津波の被害があった浜通りと、中通り、会津地方とわかれており、
    日本で三番目に広い県です。花見山のある福島市は地震の被害も少なく、
    東京電力の原発からも60数km離れており、地元の人たちは、普段の生活に戻ってきています。
    このサイトを立ち上げることとなり、私も毎週花見山に足を運んでいますが、
    花の開花とともに、人が集まり、昨日、おとといと、渋滞ができるほどの賑わいを
    取り戻しております。
    私も花見山の魅力は何かと見つめなおしているところです。
    花の美しさはもちろんのこと、その花の香りや、小鳥のさえずり、お客さんたちの穏やかな会話など、空間全てが福島ののどかな地域性をあらわしているのが花見山なのではないかなあと考えています。春が過ぎても今度は夏の花の姿に花見山が変わります。新幹線も通りましたので、是非福島にいらしてみてください!

  3. 永田 由生 のコメント:

    東京在住の主婦です。日経新聞を読んで、アクセスしました。
    父方の祖父の本家が郡山市にあります。父は東京で一人っ子で育ったせいでしょうか、福島の親戚の方々へのお思いが深く、自分に何かあったら本家のお墓に入ると常々言っておりました。
    夏は毎年家族で猪苗代湖で過ごし、地元の方々と触れ合いながら過ごしました。
    そして私が二十歳の時、父は他界し、生涯愛し続けた福島で永遠の眠りにつきました。その後も父の友人である地元の方々と交流を続け、結婚してから再び夏休みを福島で過ごすようになりました。主人も娘も、福島が大好きです。景色と東北の方々の優しさが、私たちを包み込んでくれるからです。いつも夏休みに行っているので、花見山には行ったことがありませんでした。写真を拝見させていただき、幻想的な桜に見入ると同時に、個人の山を見に来て下さる方の為に管理していると知り、深く感動しました。世界中の方に福島の美しさを伝えるチャンスに変え、一緒に歩んでいきましょう!

    • 古川幸治 のコメント:

      横山様・永田様

      書込みありがとうございました本当に嬉しく思います。
      写真家の秋山氏は、花見山をこの世の桃源郷と呼ばれましたが、それほど綺麗な場所です。
      そんな素晴らしい福島が、今回の震災で見方が一変してしまいました。
      海外の反原発デモのテレビ報道で「FUKUSHIMA」の文字を見た時にはとてもショックで、その映像を見て、海外では福島県全体が放射能汚染されていると間違った情報がながれているのだと気づかされました。
      しばらくすると、日本全体がその様に思われている事がわかり、正しい情報が伝わらないと言う事はこういうことなのだと実感をしたことからこのサイトを立ち上げる事にしました。
      福島には今でも本当に素晴らしいところがあり、素晴らしい人が居ると言う事を、これからも伝えていきたいと思います。
      今後も是非福島を応援してください。

コメントは停止中です。