企業紹介

企業の歴史 内池醸造のあゆみ
明暦元年(1655年)近州八幡在初代内池三十郎が福島に進出し、大町を拠点とする。天保年間(1830年以降)の当時は反物、呉服、救命丸、目薬などを販売していた。文久元年(1861年)七代目当主三十郎徳房が醤油、味噌の醸造を始める。これをもって現在の内池醸造の創業元年とする。明治後期になり、九代目当主の三十郎淡湖によって「内池合名」改組、醸造の傍ら、灯油、石炭、度量衝機械の製造販売を手掛ける。大正8年(1919年)に「株式会社内池商店」に改組。昭和47年に本社機能を森合町に移転。昭和52年(1977年)に本社機能を森合町に移転。。昭和52年(1977年)に「内池醸造株式会社」に名称変更する。平定7年(1995年)瀬上町に新社屋完成。現在に至る。平成23年度をもっって創業150年を迎える。

メッセージ
此の度の東日本大震災では、東北3県を中心に東日本全体が大きな被害を受けました。被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。当社も醤油のもろみタンク倒壊や天井崩落など工場に被害を受けましたが、御陰様でなんとか生産を再開することができました。
被災された皆様にも一日でも早く復興が出来ますようお祈り申し上げます。しかしご存知のように、福島県においては原発事故の影響で復興が遅れております。農畜水産物への影響をはじめ生活の不安など様々な問題が収束するまでは時間がかかることが予想されます。このような中で当社ができることは、お世話になった地元福島に少しでも貢献しながら関係各社と連携をとり、安全性を確認しながら商品づくりを進めてまいります。福島県には素晴らしい食べ物がたくさんあります。少しでも多くの食品がおいしく食べられるよう努力を続けてまいりますので、今後共ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

内池醸造株式会社
住所:〒960-0101 福島県福島市瀬上町字西上新田1―7
電話番号:TEL:024-554-6581(代)

大きな地図で見る